すいでんのブログ

適度に日記感覚で書いていきたいと思います。 Creativeなツールとか作ってみたいですね。

  • 2018_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

心の元気

心の底から満足したり、心の底から美味しいと感じたり、心の底から清々しい気持ちになったり、心の底から癒やされたり・・・。

そんなことができなくなった(無くなった)。

というより、周りの出来事に対して充実感を感じ取るだけの気力みたいなものが無くなってしまっている。

何かに対して前向きに進んでいこうという燃料みたいな、源泉みたいなものが枯れちゃって常に空(から)、もしくは気化した燃料燃やしてガス欠気味に進んでる感じ。

最近は全く勉強できてないし、それは駄目なんだけどそう思ってる状態がさらに息苦しくさせてる。

単純な作業を楽しめる?ようになったのはおそらく没頭して現実逃避しやすいからだろうなと推測。

前に進んだり何かを得ている楽しさじゃなくて何か(辛いこと・嫌なこと)を忘れるための楽しさっていうのがな・・・。

これも心の底から楽しめていない原因の一つだろうな。


それと、僕は基本的にネガティブだったり人生とか哲学っぽいこと(そういや最近はあまり考えてないな・・・)とかお金がどうとか、より良く楽しく・有意義に生きていくには・・・みたいなシリアスな話をしたがる傾向があるのだが、友達たちに話すには重い話題で、いまいち場も盛り上がらないためあまり喋れないんだ。

それが久しぶりに会う友達たちならなおさらね。

そういうのをしっかりと聞いてくれる人も居るけどその手の話題ばかりじゃ楽しげも何も無いしね。

そういうのもあって色々と溜まった愚痴なり不満なり不安なりを会話(といっても一方的に話すだけになってしまうけど)で吐き出すことができずにいるのも現状の原因かな。

ネガティブなものを喋ることで『でろでろでろ~』っと口から毒を吐き出し、毒が抜けた心のなかにポジティブな考えを吹き込むことによって冬場の篭った部屋を換気するような清々しい感覚になれ・・・ていると思う、いつも。

話すだけでも楽になるって言うしね。

こういう時は先延ばしにしていることに意識を向けるといいって話を聞いたことがある。

では僕はずっとずっと先延ばしにしている問題とはなにか?

一つ、勉強の再開。

二つ、仕事には繋がらないが、今まできにはしていたけど全く手を出していなかったものに手を出してみる。
絵とか、CGとか音楽とかプログラミングとか。

三つ、親孝行。
一応、手伝いとかそういった類は最近帰った時くらいはきちんとしてる。
でもその手の一番の親孝行って言ったら少なくとも収入と就職期間が安定している会社に就職して元気に生活していくことなんだろうけど、それは(先延ばしにするつもりはないけど)どれだけ時間がかかるかわからないし、下手すると・・・ってこともあるから今すぐできない。

では他にできることと言ったら何か?
親の好きなものを買ってプレゼントしてあげる。
もしくは親たちが喜びそうな、もしくは利用価値のあるものを作ってプレゼントすること。
しかしこういってはなんだけど僕は両親が何が好きなのか、それこそ食べ物ですら知らない。
僕に今、なにかしらの技術があるわけでもない(後からつければいいだけでもあるけど)
だからこの問題も結構難しいんだ。
ヒントがあるとするなら両親の両親、つまり僕にとっての祖父母だけど祖父母の家の電話番号もとい携帯電話番号を知らないうえに、実際に祖父母たちに会うときは年末年始やお盆など親が用事があってそちら側の家に行くのに僕がついていく形になるので、当人が居ない時に一対一で祖父母と『親が好きなものはなにか?』を訊くことがことができないのだ。
一言二言でささっと終わる話題でもないし、終ってしまうような話題でもないし。

正直、親孝行(というより親への感謝の印といった行為)は数年前から度々やろうやろうと思っていた。

何故かというと、僕にとって就職活動なり、仕事なり、年金とか税金とかそういう話題が遠い話ではなくなってきた時、急に親が歳をとってきたように見えたからなんだ。
歳を取ってきたように見えたというか・・・なんというか小さく・・そう、衰えてきているように感じたんだ。
もちろん自分よりもずっと長生きしてて人生の先輩ではあるから歳をとっているのは当たり前なんだけど、『もうこの人達によりかさって負担かけられないな』と、『ヘタしたら怪我させてしまうな』と、感じるほどには衰えてきているなと感じたんだ。
逆を言えばそれくらい僕の体(世間体という意味で)が大きくなってきてるということでもある。

なぜだかわからないけどあまり時間が無いようにも感じて、妙な焦りや不安を感じていたけど『別に僕が心配するほど親はヤワじゃないし・・・』と考えて気にしないようにしてた。
でもさ、病気や事故などのアクシデントなんて歳をとるほどに上がっていくものだと思うしさ、なによりそれらが無くたって寿命っていうものがある。

今の日本が、医療が発達して高齢化社会になっているとはいえ80歳・90歳まで元気で生きていられるのは少ないほうだろう。

そう考えるともう案外時間ってのは無いんだなぁと。

しかし上に記したようにどうにも行動しようがない・・・。

またなんらかの技術をつけるっていったって・・・。


あぁ、普段生活してくことができればそれでいいとか考えてるくせに元気が無くなってきたらいざというときに頼れそうな人の心配かよ。

ほんとにつまらないな。

ほんとに自己中心的だわ。

(´Д`)ハァ…

つまらないわ、悲しいわ。

どうしよっか?
どうしよっか?
どうしよっか?

う~ん・・・寝るか・・・。

明日も仕事だし、明後日・明々後日は棚卸しでめっちゃ忙しく、かつ大変だっていうしさ・・。

少なくとも今日の書き出しでちょっとは気が楽になったわ。

汚れた部屋の中の物を移動させて少し配置換えして整理しただけって感じで要らないものが無くなったわけじゃないけどねぇ。


それじゃおやすみなさい。


追記:心の燃料が~っていう話題の原因の一つだと思われるものを思い出したので追記。

おそらく睡眠の質が変わったからだと推測。

正確には睡眠の方法、かな?

僕は『睡眠』には正直いって二種類あると思っている。

①:寝ると決めたら脳も身体も《スイッチオフ》にして睡眠欲に身を任せて取る睡眠。

②:すぐに起きれるように(寝坊しないように)脳は《省電力》モードにし、身体の疲労だけを解消する睡眠。

①は時間に余裕があり、精神(副交感神経?交感神経?)的にも優しい。心の疲れも取れ、いわゆる気持ちいい目覚めで『元気が出る』睡眠だと思う。

②は満足いくほど睡眠を取ることができないため、身も心も睡眠欲に身を任せることができず、とりあえずすぐ起きれるように身体は楽にしておきながらも脳は省電力モードのように完璧にはオフにしない・・ような感じ。
疲れ自体は寝ている身体の状態によってとれるが、朝起きた時の精神的なすっきり感は全くない。
あくまで疲労回復のための睡眠。

自分は最近②のほうになりつつある・・・もとよりロングスリーパーはショートスリーパーより精神的に消耗することが多く、神経を休めるために多くの睡眠を要すると聞いたのだが、本当なら心の燃料が尽きてくるのはどうしようもなく回避できないことじゃないか。

・・・・と自分なりに思って分析したのでとりあえず記入してみました。


それでは今度こそおやすみなさい。
スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

すいでん

Author:すいでん
最近は純粋にお金が欲しくなってきた。
ただそれを手にして消費するだけじゃ絶対飽きが来るし、脳も身体もあっという間に衰えていってしまう。
じゃぁ、どうするかということをよく考えてる。

常に何かを考え続けるんだ。
そんでもって何かを達成するんだ。

そうやって生きていかないと苦しくて、つまらないでしょ・・・?

ともあれ今の自分はまだ何も説得力を持たない。

Counter

« 2018 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。