FC2ブログ

すいでんのブログ

適度に日記感覚で書いていきたいと思います。 Creativeなツールとか作ってみたいですね。

  • 2018_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

【掃き溜め記事】

※本日記は支離滅裂です。
当人にもよくわからないことが含まれてます。
頭の中の色んな物を吐き出して、まだ吐き出しきれてない状態のものです。






一昔前なら何も考えずに心から楽しめていただろう、面白がれていただろう。

そう思えること(もの)が最近増えてきたように感じる。

集中できないだぁ、やる気でないだぁ、いいつつもなんだかんだで本当に大事なところには気にかけずに一つのことに集中できる環境を提供されていたわけだ。

気楽に考えられなくなったのかな?

今までも十分視野の狭いお固い頭してたけどこれからはそれじゃやっていけない。

苦しくなるだけだし辛くなるだけだもんな。

『気にしなければいい』んだけどやっぱりすべてのことをスルーできるほどのスキルはなかなか身につかない(というか身につけ方がわからない)し、仮に出来たとしても自身が成長する為に必要なことをきっちり選んで聞き入れなければならない。

情報全部を聞き入れてたら疲れるだけだし、処理しきれなくてすべてが駄目になる。
(要らない情報も、要るかもしれない、けれど今はまだ必要ない情報も・・・)

すべてが中途半端になる。

すべてが意味を持たなくなる(←これは言い過ぎ)

また《何が自分にとって大事な情報なのか》を見極めてそれを受け入れるっていうのも結構、結構、難しかったりする。

というか難しいです。

とてつもなく難しいです。

自分にとってすごく辛いことでも聞き入れなければいけないのだから。

決められたメニューさえこなせばそれなりに成果が出てくるような筋力トレーニングとはまた違うから・・・。

(ふと思ったのだが、もしかしたら全くわからないことに対して《難しい》といってしまうことはおかしいのかもしれない、だって難しいってのは難易度の尺度をある程度判断できる程度にはその難しさを経験していなければいけないと思うから)

そういう意味ではスキルを身につけられたとしてもそれを使いこなすために強い精神力が必要なわけですから、《精神的疲労を極力抑えたい》という目的は延々と達成できないようにみえますね。

結局、精神(心)の擦り切れを極力減らすためにはスキルが要るけどそのスキルを獲得し、使いこなすには強い精神力が必要なわけで、もうそれ手に入れてたら当初の問題解決してるよねっていう話になる。


あらかじめ親が子供に学費という形で投資するように、これは自分自身への投資なのだ。

最初は純利益はマイナスだろう、手痛いこともあるだろう。

でもこれは投資なのだ。

親が子へするような投資を、自分が、自分に向けて投資するんだ。

そりゃ手持ち無いわけだから最初は借金みたいな感じになるよね。

最初はマイナスからスタートだね。

返済できないと大変なことになるよね。

あぁ辛いね。

それが後々大きくプラスになってくれればいいのだけれどね、これは投資だからね。

もしかしたら損切りなんてことにもなるかもね。

とか考えたくないな。

でもこのままずるずる行ったって暗闇だよ。

わかってんだよな。

でもな・・・やっぱ苦しいんだよな。

でもな・・・『これ始めようかな』ってなっても気づいたら結構日数が経過してたりするんだよな。

パートで疲れて、(パートの)人付き合いに疲れて、そんな状態で帰ってきてもまた新しく何かに向かう気力なんか沸かなくて。

勉強もしなくちゃいけないけどとてもじゃないけど溜まった鬱憤とかフラストレーションを少しでも解消するほうに時間をかけちゃって、でも消化しきれなくて、だから今回の日記みたいな話になるわけであって・・・。

新しく始める何かが、仕事疲れて帰ってきた自分に対して《癒やし》や《楽しみ》というものになって、『これがあるから気分をリフレッシュできる』みたいなものになってくれればそれはそれで、(大袈裟だけど)自身が感じる人生の株価が上がったというか、まだこの物語(人生)を読み進めていこうという気になるよね。

楽しくない物語は読んでいるのがしんどいし読まなくなるけど、続きが気になれば最後まで一気に読み進めちゃうしとても充実感があるからね。

よく人生はその人の物語って例えられるけど本当にそういう感じだよね。

考えついた人はよく思いついたと思う。

まぁ、本を読むのと違うのは、自分自身が登場人物になって物語を変えていきつつも同時に自身でその物語を読み進めてるってことだよね。

小説などと違って既に完成したものを第三者的に読み進めていくのとは違う。

《未来は決まっている》のならばこんな考えは全く見当違いにはなるけど実際はよくわからないことなのでここではどうも言いません。

ん、あれ?でもこれって擬似的に、第三者的に自身の人生を読み進められれば世界が変わって視えるんじゃないか?

前もこんなこと言ってたような・・・。

しかし本を読みながら痛覚や聴覚・嗅覚・味覚・触覚なんてわかるわけないしあくまで擬似的だけどね。

あれ?でも《擬似的》って《1》ある本物のうち《0.9》くらいまで補って似せたものに対していうものだから、さっきの文章に対して《擬似的》って単語は適切じゃないか。

基準となるものに向かって別のもので似せるから《擬似的》、似せて作られたものは基準物より必ず何かが不足している。








【文章がまとまらないので空白】







完成してないけど人生という物語を登場人物になりながらも読み進めることを基準とするなら、僕はあえて基準より五感(他にもあるかもだけど)を差し引いた擬似的基準に身を置こうと思っていたということになるな。



独り言かつ掃き溜め、疲れたのでここまでにします。

おやすみなさい。

※再度言いますが本日記は支離滅裂です。頭の中の色んな物を吐き出して、まだ吐き出しきれてない状態のものです。
理解しようと思わないでください。
また普段からこういうことを考えているわけではありませんのでご安心をば。

PS:《擬似的》の反意語が調べてもわからなかった。
《本質的》?
本質・本物なのに曖昧さを出す《的》って文字が入ってる時点であれだよなぁ・・・。
《擬似》の反意語(というか対義語)は《真性》らしいので・・・よくわからなくなってきた。

この記事の内容は僕が自分でブログの内容を読み直さない限り、数日後には忘れてるかもしれない。
スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

すいでん

Author:すいでん
最近は純粋にお金が欲しくなってきた。
ただそれを手にして消費するだけじゃ絶対飽きが来るし、脳も身体もあっという間に衰えていってしまう。
じゃぁ、どうするかということをよく考えてる。

常に何かを考え続けるんだ。
そんでもって何かを達成するんだ。

そうやって生きていかないと苦しくて、つまらないでしょ・・・?

ともあれ今の自分はまだ何も説得力を持たない。

Counter

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。